休診変更のお知らせ

倫理研究に関する情報公開・NCDについて

臨床研究に関する情報公開について

当院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた過去の記録をまとめることによって行います。このような研究は、国が定めた指針に基づき、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るかわりに、研究の目的を含む研究の実施についての情報を公開することが必要とされております。
利用する情報からは、お名前、住所など、直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や雑誌等で発表されますが、その際も個人を特定する情報は公表しません。
ご自身またはご家族等が、過去の診療データや保管している試料を研究に使用してほしくないと思われる場合や研究に関するお問い合せなどがある場合は、以下の各研究課題に記載している研究担当者へご連絡をお願い致します。研究不参加を申し出られた場合でも、なんら不利益を受ける事はありません。

【現在参加している研究】
・ムンプス難聴症例の全国実態調査
(耳鼻咽喉科部長 愛甲 健)
・呼吸器外科手術における症例登録事業
(呼吸器外科部長 大森 隆広)
・患者情報システムを用いた集中治療部の機能評価
(心臓血管外科 牧野 淳)
・Endotracheal Tube使用下患者におけるカフ圧の各姿勢・運動における変化
(リハビリテーション科理学療法士 長谷 哲也)
・Rapid Response System(RRS)データレジストリーに関する多施設合同研究
(看護部主任 畑 貴美子)
・院内心停止登録に関する多施設共同登録研究
(看護部主任 畑 貴美子)
・当院におけるICUでの理学療法士専任化が心臓血管外科術後患者に与える影響
(リハビリテーション科理学療法士 相馬 奨太)
・胸腺上皮性腫瘍の前方視的データベース研究
(呼吸器外科部長 大森 隆広)
・化粧品等による皮膚障害症例の調査解析および情報ネットワークの確立
(皮膚科 大川 智子)

 

NCDについて

詳細はこちら
保険請求データの収集について

治験事務局について

詳細はこちら