休診変更のお知らせ

外来のご案内

救急科(集中治療部)

スタッフの紹介

牧野 淳(集中治療部部長心得)

主な担当 救急、集中治療、総合内科、感染症
資格等 認定内科医、総合内科専門医、内科指導医、日本救急医学会救急科専門医、感染症専門医、集中治療専門医、米国内科専門医、米国集中治療専門医、米国感染症専門医、臨床研修指導医、緩和ケア研修会修了、ICD資格

岡田 和也(集中治療部医師)

主な担当 救急、集中治療
資格等 認定内科医、総合内科専門医、日本腎臓学会腎臓専門医、日本透析医学会透析専門医、身体障害者福祉法15条指定医(じん臓機能)、ICLSインストラクター、JMECCインストラクター、Point of care Ultrasound インストラクター、日本内科学会ベッドサイドエコーワーキンググループ

三井 恵(集中治療部医師)

主な担当 救急、集中治療
資格等 日本救急医学会救急科専門医、ICLSディレクター

後藤 崇夫(集中治療部医師)

主な担当 救急、集中治療
資格等 認定内科医、日本救急医学会救急科専門医、緩和ケア研修会終了、日本静脈経腸栄養学会TNT研修会終了

当院ICUの特色

8床で構成される当院ICUは、集中治療を専門とするスタッフにより外科系患者の周術期管理を始め、院内急変や救急搬送された重症患者に対して集中治療管理を行っています。2018年4月に集中治療部が新たに設立され、2019年10月に集中治療医学会専門医研修施設へ認定されました。現在集中治療専門医1名と集中治療専従スタッフ3名、特定行為看護師1名が主科と密に連携を取りながらセミクローズドICUとして運営しています。当院ICUの最大の強みは、日本国内でも数少ない米国集中治療専門医がイニシアティブをとり、系統的かつ緻密な医療を提供していることです。技術面においても、呼吸療法士や臨床工学技士と連携しつつ人工呼吸や透析、人工心肺補助装置などの管理を積極的に行っております。ICUリーダー看護師主導で毎日開催される多職種カンファレンスも当ICUの大きな特徴であり、職種を超えたコミュニケーションが良く、ICU専任の薬剤師や理学療法士、管理栄養士と連携しながら和気あいあいと仕事ができていることも大きな強みです。

診療実績

2019年1月~12月の総入室数は614名で、平均在室人数は7.72名、平均在室日数は5.55日で、主科の内訳は以下の通りでした。

院内活動

ICUの機能を最大限発揮できるように、ICUスタッフが中心となり以下の院内活動を行っています。

RRS(Rapid Response System)/MET(Medical Emergency Team)

ICUの特定行為看護師や集中ケア認定看護師がRRSを担当し、必要に応じて集中治療部・救急科・内科医師から構成されるMET担当医師と連携しながら院内急変に備えています。

人工呼吸器ラウンド

院内で人工呼吸器が装着されている患者を対象に、ICU医師・集中ケア認定看護師・臨床工学技士・理学療法士・管理栄養士からなる呼吸ケアチームが毎週1回、回診を行い、人工呼吸器の安全管理、合併症の予防と早期離脱を目指して活動しています。

抗菌薬適正使用支援チーム(AST)カンファレンス

感染症専門医である集中治療部の医師・感染管理看護師(ICN)・感染症専門薬剤師・検査技師で構成される抗菌薬適正使用支援チーム(AST)が院内で発生した血液培養陽性症例や特定抗菌薬の14日以上の長期使用症例を対象に毎週1~2回カルテ回診を行っています。抗菌薬の適正使用を推進し、病態の重症化や薬剤耐性化を防ぐと共に重症感染症患者の把握を行うのが目的です。

うわまちクリティカルケアセミナー(うわまちクリティセミ)

集中治療部・救急科・総合内科のスタッフが院内看護師や初期研修医を対象に、FCCSで扱われている内容をもとに独自に作成された重症患者管理の基礎について学ぶ講習会を2018年度から始めました。1コース5回からなり、毎月1回土曜日の午前8:30~12:30の4時間、年2回の定期開催をしており、院内スタッフの重症患者管理に関する知識と技術の向上を目指します。

うわまち人工呼吸ケアセミナー

集中ケア認定看護師、特定ケア看護師、臨床工学技士、理学療法士、集中治療部医師がインストラクターを務め、多職種の視点での人工呼吸ケアを考え、学びにつなげられるようなコースとして、院内看護師をはじめ多職種、初期研修医を対象に2018年度から始めました。こちらは1コース2回からなり、それぞれ4時間の予定で年に2コース開催しています。

CCOT(クリティカルケアアウトリーチチーム)

ICUから一般病棟に転床した患者の状態をフォローするために集中ケア認定看護師、特定ケア看護師を中心としたスタッフが一般病棟を訪問しています。ICU退室後の状態の変化を早期に認識し、病棟スタッフや主治医との情報共有を行っています。ケアの注意点、家族とのかかわり、人工呼吸器設定など多方面から退室後のフォローを行っています。

ICUのカンファレンス、ベッドサイド回診、教育活動

ICUでは、多職種カンファレンス、ベッドサイド回診、栄養カンファレンス、人工呼吸器回診を定期的に開催しています。多職種カンファレンスは、月~金曜日の朝9時~9時30分までの30分間、集中治療部医師・リーダー看護師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士・臨床工学技士・緩和ケア認定看護師・ソーシャルワーカーが参加し、ICU入室中の全患者について問題点やその日の予定について議論し皆で情報を共有します。多職種カンファレンスに続き朝9時30分~12時まで行われるベッドサイド回診では、米国集中治療専門医が中心となりICU全患者に対して時間をかけて系統的な診察・評価を行います。ここで繰り広げられるディスカッションは、解剖・生理・診療各科の知識に始まり最新の論文まで多岐にわたっており、スタッフの貴重な学びの場になっています。
栄養カンファレンスは、毎週月・木曜日の午後1時~2時に集中治療部医師、リーダー看護師、管理栄養士が集まり、ICUの全患者について栄養評価を行い最善のレジメンを提案します。
ICUの教育的カンファレンスは医師向けと看護師向けに分けて行っています。医師向けには、月・火・木曜日の昼12時20分~13時、月曜日:集中治療部医師レクチャー、火曜日:多施設との合同ジャーナルクラブ、木曜日:MKSAP(米国内科学会が発行する内科学の問題集)、(水曜日は初期研修医レクチャー、金曜日は救急部レクチャー)とそれぞれ日替わりで行っています。また、水曜日の朝8時~8時30分は集中治療部でACCP SEEK(Critical Care Medicine)と呼ばれる問題集を解いています。木曜日の朝8時~8時30分は心臓血管外科症例カンファレンスが開催されており、可能な限り参加しています。看護師向けには、集中治療部医師が月・火・金曜日の朝8時10分~8時30分にショートレクチャーを行っています。特定ケア看護師の育成にも力を入れており、多職種カンファレンスや回診に参加していただき臨床推論を学んでいただくとともに、上記レクチャーで知識を増やしつつ特定行為研修を行っています。上記以外にも、月1回有志でリサーチカンファレンスを行い学会・執筆活動へも力を入れています。今後関連施設との共同研究についても検討中です。
また、月に1回集中治療部メンバーでの運営カンファレンスを行い、診療・教育活動だけではなく、医療の質やスタッフの職場環境の向上についても情報交換をしています。さらに、RRS・CCOTについても毎月有志で集まり振り返りを行い医療の質の向上を目指しています。
ICU外においても活発にカンファレンスは行われています。中でも、毎月1回開催される横須賀海軍病院との英語でのカンファレンスや英国人ブランチ医師による月1回の英語での総合内科カンファレンスは当院に独特といえるでしょう。

多職種カンファレンス

回診風景

短期研修・見学について

当院ICUは2019年10月に集中治療医学会専門医研修施設に認定されました。数年後には新病院の建て替えも決定しており、それに伴いICU再編も計画されています。疾患臓器や重症度によらずどのような症例に対しても対応できるよう、集中治療部、総合内科、救急科が三位一体となり継続的な教育を実践しています。将来、集中治療専門医としてのキャリアを目指している研修医あるいは医学生の先生方、あるいは集中治療・救急・総合内科に興味がありその中で集中治療研修に興味のある方は是非一度見学・短期研修にいらしてみませんか?
興味のある方は、以下までご連絡を下さい。スタッフ一同心からお待ちしています。

連絡先

メール:jinji@oceanhope.yokosuka.kanagawa.jp

関連リンク

当院の医師が取材されました

  • 横須賀市立うわまち病院 ICUの取り組み-患者さんやご家族に寄り添ったコミュニケーションを

    牧野 淳 医師 集中治療部 部長 取材記事はこちら
  • 横須賀市立うわまち病院 ICUにおける多職種連携や教育体制とは?

    牧野 淳 医師 集中治療部 部長 取材記事はこちら