休診変更のお知らせ

施設概要

総合リハビリテーション
センター

スタッフのご紹介

理学療法士

  • 岡本 賢太郎 科長
  • 田村 拓也 主任
  • 川 桃子
  • 安保 麻美
  • 岡山 博信
  • 宮地 竜也
  • 安田 紀子
  • 鈴木 楓子
  • 河野 陽治
  • 東 陽子
  • 廣川 槙子
  • 小方 優帆
  • 村田 遼太郎
  • 長谷川 哲也

作業療法士

  • 石橋 仁宏 主任
  • 古関 友美
  • 永井 善大
  • 角田 佳代子
  • 小俣 麻知子

言語聴覚療法士

  • 杉原 恵子 主任
  • 高野 美恵
  • 熊岡 詩織(市民病院へ出向中)
  • 日原 未来
  • 金子 晴

リハビリ助手

  • 関口 萌

当科診療のご案内

理学療法

理学療法士は、歩く・起きる・立つ・座るなど基本的な動作の訓練をします。基本動作に必要な筋力のトレーニング・ストレッチなどをします。筋力訓練は「重り」「ゴムチューブ」「トレーニングマシン」、歩行補助は「平行棒」「杖」「歩行器」などを使います。

作業療法

作業療法士は、日常生活が自立しておくれるように、日常生活動作(更衣・入浴・調理・食事・トイレなど)の訓練をします。主に手を使った作業訓練を、様々な材料(貼り絵・藤細工など)を使いながら訓練をします。また、脳血管疾患で起こる認知・行動・記憶の障害に対しても機能を回復させるための訓練を行います。

言語聴覚療法

言語聴覚士は、言葉の発声・難聴など言葉の障害全般の訓練、及び嚥下(飲み込み)障害の訓練をします。言葉の問題では、絵カード・パソコンを使って発話や理解を促します。子どもの場合はおもちゃなどを使って訓練をします。難聴の方には、聞こえの仕組みなどを説明し、補聴器が必要であれば適切な補聴器を選択・調整し、生活の中で使えるように訓練します。

  • さらに、リハビリ職員は、障害により必要な補助用具(車椅子・歩行具など)を各位がオーダーメイドする際に、相談にのっています。また、退院後の自宅環境整備のアドバイスもしています。

診療内容について

心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーションとは、医学的な評価、運動処方、冠危険因子の是正、教育およびカウンセリングからなる長期にわたる包括的なプログラムにより、患者さんの健康と生きがいのある生活を支援するものです。心臓リハビリテーションについての詳細はうわまち病院ホームページのリンク「心臓リハビリテーション」をご参照ください。

急性期リハビリテーション

生命的(呼吸・循環・意識)危機からの脱出、合併症予防、廃用症候群予防、生活基本動作獲得を目指し、実施していきます。

回復期リハビリテーション

生活能力の獲得を目的に多職種による集中的リハビリを実施していきます。急性期を脱した患者様が対象となります。

リハビリテーション科

詳細はこちらをご覧ください。