休診変更のお知らせ

施設概要

栄養科

スタッフのご紹介

業務内容

栄養科の業務は大きく分けて栄養管理業務と給食管理業務の2種類を行っています。

給食管理業務

  • 入院中の食事提供
  • 衛生管理
  • 行事食
  • 祝い膳

栄養管理業務

  • 入院/外来栄養指導(個別指導・集団指導)
  • 入院中の栄養管理
  • チーム医療への参加

給食管理業務

入院中の食事提供

医師の指示のもと、給食委託業者と協力し患者さんの病態に合わせた食事の提供を行っています。食事は温冷配膳車にて配膳し、配膳時間通りに適切な温度の食事をお届けしています。

衛生管理

厚生労働省より公表された大量調理施設衛生管理マニュアルを基本として安心安全な食事の提供に努めています。

行事食

食事は入院期間中の楽しみの一つでもあります。患者さんによりおいしく、楽しんで食事をしていただくために毎回行事に合わせたカードの提供をする等の工夫をしています。

祝い膳

当院でご出産された方に毎日異なる祝い膳を提供しています。

心臓リハビリテーション教室

ハイキング・ゴルフ

年各2回開催されるハイキング・ゴルフに参加し、患者さんと一緒に体を動かしています。
ハイキングでは簡単な食事の話をしています。また昼食時は参加者の皆様に持参していただいたお弁当を見ながら、和気あいあいと食生活の相談にお答えしています。

栄養教室

年に2回(春・秋)、減塩食の栄養教室を行なっています。
教室では減塩のポイントや野菜摂取の目安量などを分かりやすくお伝えしています。また減塩レシピの紹介・試食会も行っています。
患者さん主体を目指した教室で、楽しみながら参加していただいています。

心臓リハビリテーション教室風景

栄養管理業務

入院/外来栄養指導(集団・個人)

医師の指示に基づき、患者さん個々の生活スタイルに合わせた、分かりやすく実践しやすい栄養指導を心掛けています。
また、集団栄養指導は「心臓カテーテル指導」「減塩教室」「心臓リハビリテーション教室」等を実施しています。

入院中の栄養管理

医師の指示のもと、看護師・言語聴覚士と連携して患者さんの食事内容を検討しています。
昼食時は管理栄養士がベッドサイドに行き実際の摂取状況を確認しながら、食事の提案を行っています。

NST

NST

医師・看護師・薬剤師・言語聴覚士をはじめとした多職種と協働し、低栄養の患者さんに対して積極的に栄養サポートを行うチームです。
週1回ミーティング・病棟回診、月1回全体ミーティング・勉強会を行っています。

NST勉強会(月1回)

<平成28年度実施例>

  • NSTについて
  • 経管栄養剤について
  • 必要栄養量算出
  • 症例検討 等

その他チーム医療への参加

院内の他職種と連携し介入患者さんに対して栄養面からサポートを行っています。
(褥瘡回診、緩和ケアチーム)

チーム医療への参加

NST・緩和ケアチーム・褥瘡回診へ毎週参加しています。多職種と連携し、患者さんのQOLを尊重した栄養管理を目指しています。

市民公開講座

当院では、定期的に市民公開講座を開催しており、食事に関する講座は栄養科が担当しています。平成28年度のテーマは「食事(減塩)のすすめ~生活習慣病を予防しよう~」でした。
今年度も実施予定です。興味がある方は広報をご覧ください。

研究活動

<平成27・28年度学会発表実績>

神奈川NSTフォーラム2015

<平成28年度実施例>

  • 食道癌患者に対する摂食状況を考慮した多職種の介入

JSPEN(日本静脈経腸栄養学会学術集会)

  • 当院における栄養状態の現状把握
    ~nutritionDayプロジェクトの参加経験
  • 当院入院患者における摂取量評価の正確性についての検討
  • 濃厚流動食を投与している患者の便回数・便性の検討
  • 心臓悪液質により栄養管理に難渋している一症例
    ~積極的治療への拒否がある患者へのアプローチ~

認定施設

臨床栄養師 臨床研修施設

平成25年度から一般社団法人日本健康・栄養システム学会より 「臨床栄養師」の臨床研修施設として認定を受けています。

NST専門療法士認定教育施設

平成28年度から日本静脈経腸栄養学会より「NST専門療法士」の教育施設として認定を受けています。