休診変更のお知らせ

施設概要

栄養科

スタッフのご紹介

業務内容

栄養科の業務は大きく分けて栄養管理業務と給食管理業務の2種類を行っています。

給食管理業務

  • 入院中の食事提供
  • 衛生管理
  • 行事食
  • お祝い膳

栄養管理業務

  • 入院/外来栄養指導(個人・集団)
  • 入院中の栄養管理
  • チーム医療への参加

給食管理業務

入院中の食事提供

医師の指示の下、給食委託業者と協力し患者さんの病態に合わせた食事の提供を行っています。食事は温冷配膳車を使用し、配膳時間通りに適切な温度の食事をお届けしています。

衛生管理

厚生労働省より公表された大量調理施設衛生管理マニュアルを基本として安心安全な食事の提供に努めています。

行事食

楽しみの一つである食事を患者さんによりおいしく食べていただくために、行事ごとにアレンジしたメニューを提供しています。

お祝い膳

当院でご出産された方に毎日異なるお祝い膳を提供しています。

栄養管理業務

入院/外来栄養指導(集団・個人)

医師の指示に基づき、患者さん個々の生活スタイルに合わせた、分かりやすく実践しやすい栄養指導を心掛けています。
また、集団栄養指導は「心臓カテーテル指導」「減塩教室」「心臓リハビリテーション教室」等を実施しています。

心臓リハビリテーションハイキング・ゴルフ

年2回開催されるハイキング・ゴルフに参加し、患者さんと一緒に体を動かしています。
和気あいあいと食生活の相談にお答えしています。

心臓リハビリテーション教室

年2回(春・秋)、減塩をメインテーマとした栄養教室を行なっています。
食事療法から調理方法のポイントまで、体験・試食を交えながらお話しています。患者さんが主体となり楽しみながら参加していただいています。

開催した栄養教室プログラム例

ㇾ減塩が必要な理由
ㇾ具体的な目標量(体験)
ㇾ当院管理栄養士考案の減塩レシピ紹介(試食)

入院中の栄養管理

病棟毎に担当管理栄養士を配置しています。
巡回やカンファレンスへの参加など、医師・看護師・コメディカルと連携し患者さんの投与栄養量や食事内容を検討しています。

チーム医療への参加

栄養サポートチーム・緩和ケア支援チーム・褥瘡対策チーム等のチーム医療や委員会活動へ毎週参加しています。
多職種と連携し、患者さんのQOLを尊重した栄養管理を目指しています。

栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)

医師・看護師・薬剤師・言語聴覚士をはじめとした多職種と協働し、栄養状態のあまり良くない患者さんに対して積極的に栄養サポートを行うチームです。
週1回ミーティング・病棟回診、月1回全体ミーティング・勉強会を行っています。

2017年度勉強会テーマ例

  • 必要栄養量の算出方法
  • 口腔ケアについて
  • 褥瘡と栄養について
  • がん患者の栄養
  • 摂食嚥下について
  • 栄養と薬剤

研究活動

<2017-2018年10月現在>

JSPEN(日本静脈経腸栄養学会学術集会)

  • 心臓悪液質により栄養管理に難渋している一症例~積極的治療への拒否がある患者へのアプローチ~
  • 壊死性筋膜炎に対する多職種協働のサポートが早期創傷治癒と栄養状態の改善をもたらした一例

日本静脈経腸栄養学会首都圏支部学術集会

  • 終末期肺癌に伴う食思不振に対して多職種で介入した症例

日本静脈経腸栄養学会首都圏支部学術集会

  • ICUにおける栄養カンファレンス開始による患者アウトカムの変化

認定施設

臨床栄養師 臨床研修施設

平成25年度から一般社団法人日本健康・栄養システム学会より 「臨床栄養師」の臨床研修施設として認定を受けています。

NST専門療法士認定教育施設

平成28年度から日本静脈経腸栄養学会より「NST専門療法士」の教育施設として認定を受けています。