休診変更のお知らせ

外来のご案内

循環器内科

スタッフの紹介

沼田 裕一(管理者、循環器科部長)

主な担当 インターベンショナルカルディオロジー、心不全、心臓リハビリテーション
資格等 日本循環器学会専門医、日本内科学会認定内科医

岩澤 孝昌(副病院長、循環器科部長 集中治療部部長兼任)

主な担当 虚血性心疾患、カテーテルインターベンション、肺高血圧症、ファブリー病、両室ページング(CRT)治療
資格等 日本循環器学会専門医、日本内科学会総合内科専門医

水政 豊(循環器科部長心得)

主な担当 循環器全般、カテーテルインターベンション、心不全、心臓リハビリテーション
資格等 日本循環器学会専門医、日本内科学会認定内科医

黒木 茂(循環器科部長心得)

主な担当 循環器一般、閉塞性動脈硬化症、末梢血管疾患、重症虚血肢治療
資格等 日本循環器学会専門医、日本内科学会認定内科医

泊口 哲也(循環器科科長)

主な担当 循環器全般
資格等 日本循環器学会専門医

島村 浩正(循環器科科長)

主な担当 循環器全般
資格等 日本内科学会認定内科医

荒木 浩(循環器科科長)

主な担当 循環器全般、カテーテルインターベンション
資格等 日本循環器学会専門医、日本内科学会総合内科専門医、心血管カテーテル治療専門医

古屋敷 吉任(循環器科医師)

主な担当 循環器全般
資格等 日本内科学会認定内科医

杉浦 徹(循環器科非常勤医師)

主な担当 カテーテル、心不全管理
資格等 日本循環器学会専門医、日本内科学会総合内科専門医

小野田 学(循環器科非常勤医師)

主な担当 心不全
資格等 日本循環器学会専門医

循環器科について

日頃よりスタッフは、コメディカルとともに急性期医療から心臓リハビリテーションまで、効率的かつ包括的に診療を行っています。地域における医療機能分担は確立しており、当科では急性期入院医療に特化した診療部門を担っています。その範囲は急性心筋梗塞、不安定狭心症、急性大動脈解離、肺塞栓、心不全、不整脈、弁膜症、心筋症、心膜疾患、末梢血管疾患、深部静脈血栓症、先天性疾患等循環器疾患全般以外に、集中治療を要す非心原性肺水腫や重症肺炎、ショック、急性心肺停止等を含みます。
急性期治療を終えた患者さんの多くは、医師会の先生に協力いただき、外来診療はおもにかかりつけ、ホームドクターの先生にお願いしています。そして当科は救急医療と専門診療をいつ何時でも受け持つという診療連携を確立させて頂いています。
疾病構造の西洋化と診断技術の向上に伴い、本邦では動脈硬化性疾患の罹病率、死亡率が上昇し、その構造も多様化しています。当院では2004年からバスキュラーラボを立ち上げました。動脈硬化性疾患患者さん1人に対し、脳外科、心臓血管外科、当科で構成される心臓脳血管センターを軸に、救急総合診療科、内科、呼吸器科、整形外科と密に連携し、冠動脈疾患、脳血管、頸動脈、腎動脈、下肢動脈、糖尿病性壊疽等一連の流れで精査、治療、管理ができるよう力を注いでいます。また近年肺塞栓や肺動脈性肺高血圧症が増加傾向にある中、当科では肺高血圧外来を2011年6月に開始しました。
横須賀市立うわまち病院循環器科は、『質の高い、地域に密着した、患者さん本位の医療』を提供し、以下のように地域社会に貢献できるよう努力して参ります。

急性期医療の充実

急性心筋梗塞、狭心症、その他緊急性の高い疾患が疑われる場合、昼夜問わず24時間患者さんを引き受けます。その他救急隊からの申し入れは断りません。また急患搬送時、ICU・CCUのベッドサイド、或いは病棟内急変時には、循環器疾患に限らず、各科との連携を図りながら診療を行ないます。golden timeが損なわれることなく、治療が開始される様、急患を一刻も速く搬入いたします。その為に循環器科ホットラインやドクターカーの効率的な運用を行っています。急性心筋梗塞など生命を脅かす疾患の場合、病院到着時から血管造影室入室までの20分を目標に、医師のみでなくコメディカルスタッフも日夜努力しています。

慢性期医療の充実

急性期治療に加え、リハビリテーションによる慢性期の治療も重視します。とくに心大血管疾患リハビリテーション、慢性心不全、下肢閉塞性動脈硬化症に対するリハビリテーションでは、午前・午後それぞれ1時間程度、患者様それぞれのデータに基づいたプログラムを用意し、専門の認定指導士・理学療法士がman to manの指導をしています。また、生活習慣病が改善され、慢性期機能予後、QOLの改善につながる様、医師・理学療法士・薬剤師・看護師・管理栄養士・事務職員が包括的にアプローチ致します。

循環器科疾患全般にわたる診療体制

当科では頻度の多い虚血性心疾患、心不全診療、救急蘇生を始め、弁膜症、不整脈、心筋症、大動脈疾患、末梢血管疾患、その他特殊な循環器疾患に至るまで、幅広い疾患を診療する体制が整っています。その他心臓血管外科、小児循環器科とも密接にdiscussionを行い、循環器科領域の総合医を育成することを目標としています。

知識・技術の向上

全国学会、地方会、講演活動、医師会勉強会には積極的、かつ継続的に発表、出席しています。当科診療内容の中心となるカテーテル検査・治療では、第一に正確性、安全性を確保します。さらに低侵襲・迅速を優先し、患者さんの声を反映させながら、期待と信頼が得られる様努力しています。2009年より心臓血管外科併設され常に連携し、ロータブレーター、心臓再同期療法、カテーテルアブレーション治療の施設基準も取得し、さらに幅の広い循環器科診療が行えるようになりました。

病診連携の重視

治療方針が決定し通院治療可能となった場合、原則全例において紹介元、地元の病院や診療所で、外来ご加療が継続できる様かかりつけの先生やホームドクターにお願いしています。再度精査が必要となった場合や急変時にはいつでも再診可能としています。逆紹介した患者さんは年に1回程度当科再診できるよう手配させていただいております。

患者さん本位の医療

我々は優しい心、深い知識、高い技術をもって診療にあたり、その結果患者さんが心身ともに元気になられることを、こころから願い、こころからよろこべる誇り高き医療人を目指しています。

当院の医師が取材されました

  • 「呼吸困難(息切れ・息苦しい)」の原因は何か?息苦しさを引き起こす肺高血圧症とは?

    岩澤 孝昌 医師 循環器科 部長 取材記事はこちら
  • 指定難病 肺動脈性肺高血圧症(PAH)は投薬治療の進化が著しい疾患

    岩澤 孝昌 医師 循環器科 部長 取材記事はこちら
  • 慢性肺血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)に対する外科治療(PEA)とバルーン肺動脈拡張術(BPA)とは!?

    岩澤 孝昌 医師 循環器科 部長 取材記事はこちら