休診変更のお知らせ

外来のご案内

眼科

スタッフの紹介

西本 浩之(眼科部長)

主な担当 眼形成手術、白内障
資格等 医学博士、眼科専門医、眼科指導医、北里大学眼科講師、視覚障害者指定医、視覚障害者用補装具適合判定医、難病指定医、神奈川県社会保険診療報酬支払基金審査委員、横須賀市学校医
所属学会 日本医師会会員、日本眼科学会会員、日本眼科医会会員、日本眼科手術学会会員、日本眼形成再建外科学会会員、日本眼内レンズ屈折手術学会会員、神奈川県眼科医会会員、横須賀市眼科医会会員

三宅 俊之(眼科医師)

主な担当 眼科全般、白内障
資格等 医学博士、眼科専門医、視覚障害者指定医、視覚障害者用補装具適合判定医、難病指定医
所属学会 日本医師会会員、日本眼科学会会員、日本眼科手術学会会員、日本眼内レンズ屈折手術学会会員、神奈川県眼科医会会員

当科診療のご案内

あらゆる眼科疾患に対応しており、スピーディーで満足度の高い医療を提供できるよう日々、努力しております。

白内障手術

現在は日帰り手術のみ行っております。
手術説明外来では、ご家族と共に来院して頂き、手術内容、術後の眼の状態について時間をかけて説明しております。さらに看護師から手術前後の生活など、きめ細かな説明も行っており、患者さんに安心して手術を受けていただけるよう努めております。また、月に一度、白内障手術のパイオニアである、清水公也教授(山王病院アイセンターセンター長)にお越しいただき、難治例を執刀して頂いております。

眼形成手術

眼瞼下垂、眼瞼内反症(逆さ睫毛)、結膜弛緩症、結膜脂肪ヘルニア、翼状片、鼻涙管閉塞症、ドライアイ、の手術を手がけ、白内障手術と共にかなり力を注いでおります。眼瞼手術に関しましては、美容的かつ視機能への影響も考慮して手術を行っております。炭酸ガスレーザー及び高周波ラジオ派メスを導入し、短時間で出血の少ない手術が出来るようになりました。また、眼瞼けいれんに対してのボトックス治療、ドライアイに対しての液状プラグ手術は外来で行っております。

レーザー外来

糖尿病網膜症、後発白内障、緑内障に対するレーザー治療を行っております。

緑内障検診

40歳以上の20人に1人の割合で発症している緑内障は、中途失明の原因の第一位で、早期発見・早期治療が重要です。当院では、緑内障検査(視力、眼圧、眼底、ハンフリー視野検査およびGoldmann視野検査)を随時行っております。他施設からの検査のみの御紹介も多数、お受けしております。

未熟児こども外来

当院には新生児集中治療室(NICU)が設置されているため、北里大学病院未熟児担当の眼科専門医が眼底検査を行い、未熟児網膜症の発症の有無や進行の程度を検査しています。退院後も定期的に診察を行っています。また、乳幼児健診(3歳6ヶ月健康診査など)で斜視、弱視などを指摘された患者さんの検査・訓練を行っています。なお、当院では斜視の手術は行っておりませんので、適応の患者さんは大学病院等に紹介しております。

蛍光眼底造影検査外来 FAG(糖尿病網膜症等の網膜疾患に対する検査)

専属の眼科フォトグラファー(毎週月曜午前)による、高品質な造影写真が撮れます。他施設からの検査のみの、御紹介もお受けしております。

当院の医師が取材されました

  • まぶたがぴくぴくする痙攣(けいれん)の原因と治療-目の病気を防ぐには?

    西本 浩之 医師 眼科 部長 取材記事はこちら
  • まぶたが重い原因は眼瞼下垂? 最も多いまぶたの病気の原因や治療方法

    西本 浩之 医師 眼科 部長 取材記事はこちら