休診変更のお知らせ

外来のご案内

脳神経外科

スタッフの紹介

廣田 暢夫(第一脳神経外科部長、第一脳血管外科部長兼任、診療放射線科管理部長兼任)

主な担当 脳神経外科全般
資格等 日本脳神経学会専門医、日本脳神経血管内治療学会指導医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

保格 宏務(脳神経外科科長)

主な担当 頭部外傷
資格等 身体障害者福祉法指定医

青柳 盟史(脳神経外科医師)

主な担当 脳神経外科全般
資格等 日本脳神経学会専門医

内田 賢一(脳神経外科医師)

主な担当 脳神経外科全般
資格等 日本脳神経学会専門医、日本神経内視鏡学会神経内視鏡技術認定医

詫磨 裕史(脳神経外科医師)

主な担当 脳神経外科全般
資格等

古館 隆太郎(脳神経外科医師)

主な担当 脳神経外科全般
資格等

当科診療のご案内

脳神経外科の外来は月曜から土曜日まで6日間で行なっています。
午前中の受付時間は、水曜日だけは手術のため午前8時30分から10時ですが、他の曜日は8時30分から11時30分までです。
午後は外来診療を行っておりません。

頭痛を感じたら・・・

頭痛の患者さんはご遠慮無く、当科を受診して下さい。心配のない頭痛もありますが、中にはくも膜下出血や脳腫瘍等の重大な病気が潜んでいることがあります。嘔吐を伴ったり、手足のしびれが最近出てきている場合は必ずご相談下さい。

顔の激痛 三叉神経痛

顔面の発作的な激痛は三叉神経痛と言います。虫歯が原因と本人が思いこんでいる場合もあります。鎮痛剤の効果があまりない場合や薬の副作用がある場合は比較的簡単な手術でいたみを取ることが出来ます。身近にこのような患者さんがいたらご相談下さい。

顔面痙攣

顔の片側が痙攣して、まぶたが閉まってしまうような病気があります。昔は『顔面神経痛』などと間違った病名で呼ばれることもありました。注射によって数ヶ月は症状を軽減できますが、頭蓋内で神経を圧迫している血管を手術で避けることによって完治できる例もあります。ご相談下さい。

ボケてきた!?・・・手術で治る痴呆もあります

最近痴呆が出てきたと感づかれる方が身の回りにおられましたら、受診を勧めて下さい。手術で治るボケもあります。その代表的なものが慢性硬膜下血腫です。この血腫が発生する原因は鴨居に頭を軽くぶつけた様な、非常に軽い外傷が大部分です。本人自身が外傷のあったことを忘れていることもよくあります。そして大酒飲みの高齢の男性に多いのが特徴です。ほとんどは50歳代以上の方に発生します。外傷後数週間で頭痛や精神活動の遅鈍、記憶障害が現れます。頭の外傷の後2、3日以内に撮影した頭のCTスキャンでは異常がなくても、50歳以上の方なら3、4週後に再検査をして、頭の中に慢性硬膜下血腫が発生していないかを確認する必要があります。治療には頭蓋内の血腫スペースを洗浄除去する手術を行います。脳外科で行う手術の中で最も簡単なものの一つで、局所麻酔で行います。手術前にはボケが強かったり、歩けなかった患者さんでも手術後は2、3日、遅くて1週間でボケが改善したり、歩行できる場合が大部分です。

くも膜下出血、脳動脈瘤の治療

くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤に対する治療は、破裂・未破裂とも開頭手術による直達手術と血管内手術によるコイル塞栓術が行われます。動脈瘤の位置や大きさ、形状また患者さんの容態により最善と思われる治療を選択するように努めています。

頚部頚動脈狭窄症

食生活の欧米化や人口の高齢化、また検査の普及に伴い、頚部頚動脈狭窄症の発見例が増えています。脳梗塞の原因となる頚動脈の狭窄を血管の中から治療する(頚動脈ステント留置術)方法が国から認可され、当院でも積極的に治療を行っています。

血栓溶解療法

日本でも脳梗塞発症後3時間以内であれば、血栓を溶かす薬剤が使用できるようになりました。24時間体制で検査・治療が可能で、万一出血の際に脳外科が対応できる施設であることが推奨されています。当科では、救急診療部、放射線科、循環器科とも連携して血栓溶解療法にも積極的に取り組んでいます。

入院について

総入院患者数:917名

脳梗塞 312
頭蓋・頭蓋内損傷 140
非外傷性硬膜下血腫 127
脳血管障害 110
未破裂脳動脈瘤 61
くも膜下出血、破裂脳動脈瘤 29
非外傷性硬膜下血腫 18
てんかん 21
脳腫瘍 28
水頭症 17
一過性脳虚血発作 5
その他の脳障害 16
その他 33

(平成29年度の実績)

手術件数について

総手術件数:279件

脳腫瘍 23
脳血管障害 動脈瘤 25
脳血管障害 頸動脈内膜剥離術 6
脳血管障害 バイパス手術 15
脳血管障害 開頭血腫除去術 21
脳血管障害 その他 16
外傷 急性血腫 16
外傷 慢性硬膜下血腫 64
外傷 その他 14
水頭症 39
脊椎 変性疾患 4
脳神経減圧術 3
その他 33

(平成29年度の実績)

脳血管内治療

脳血管内治療件数:86件
総カテーテル件数:352件

動脈瘤塞栓術 18
動静脈奇形(脳) 8
急性期再開通療法 34
経皮的血管形成術 17
その他 9

(平成29年度の実績)

当院の医師が取材されました

  • 脳梗塞、脳出血、脳動脈瘤…脳外科手術の種類や術式について

    廣田 暢夫 医師 脳神経外科 取材記事はこちら
  • 顔が痛い、ピクピクする、けいれんする、は手術で治るケースも - 三叉神経痛・顔面けいれん手術について

    廣田 暢夫 医師 脳神経外科 取材記事はこちら