休診変更のお知らせ

施設概要

総合診療センター

スタッフの紹介

岩澤 孝昌(センター長、副病院長・循環器内科部長・集中治療部部長兼任)

主な担当 虚血性心疾患、カテーテルインターベンション、肺高血圧症、ファブリー病、両質ペーシング(CRT)治療
資格等 日本循環器学会専門医、日本内科学会認定内科医

本多 英喜(副センター長・副病院長・救命救急センター長・救急総合診療部部長)

主な担当 救急
資格等 日本救急医学会評議員、日本救急医学会救急科指導医、日本救急医学会救急科専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医、日本プライマリ・ケア連合学会指導医、日本中毒学会認定クリニカルトキシコロジスト、高気圧医学専門医、神奈川県災害医療コーディネーター、臨床研修指導医(厚生労働省)、横浜市立大学医学部救急医学教室非常勤講師、神奈川歯科大学特任教授、日本救急医学会ICLSインストラクター・コースディレクター・指導者養成ワークショップディレクター、日本内科学会JMECCインストラクター

神尾 学(副センター長、初期臨床研修プログラム責任者・総合診療科部長心得・総合内科兼任)

主な担当 内科、救急、総合診療、医学教育
資格等 日本内科学会総合内科指導医、日本内科学会総合内科専門医、日本内科学会認定内科医、日本救急医学会救急科専門医、救急救命東京研修所非常勤講師、臨床研修指導医(厚生労働省)、緩和ケア研修会修了、日本救急医学会ICLSインストラクター・コースディレクター、日本内科学会JMECCインストラクター

福味 禎子(総合内科部長)

主な担当 内科全般
資格等 日本内科学会総合内科専門医、日本血液学会専門医、日本リウマチ学会専門医、インフェクションコントロールドクター(ICD)

内倉 淑男(救急総合診療部科長兼任)

主な担当 内科、救急、集中治療、総合診療、プライマリ・ケア
資格等 日本救急医学会救急科専門医、日本内科学会認定内科医、日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医、日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医、日本病院総合診療医学会認定医、日本腹部救急医学会認定医、日本病院会病院総合医、臨床研修指導医(厚生労働省)、緩和ケア研修会修了、日本救急医学会ICLSインストラクター・コースディレクター・指導者養成ワークショップディレクター、日本内科学会JMECCインストラクター

齋藤 隆弘(総合内科兼任)

主な担当 肺炎尿路感染症を中心とした感染症及び内科疾患
資格等 内科認定医

中山 洋平(救急総合診療部兼任)

主な担当 救急、内科
資格等 日本救急医学会救急科専門医

木戸 礼乃(専攻医、総合内科兼任)

主な担当 内科
資格等 緩和ケア研修会修了

武内 章悟(専攻医、循環器内科兼任)

主な担当 循環器内科
資格等

辻 大河(専攻医、救急総合診療部兼任)

主な担当 救急科
資格等

岸本 勇将(救急総合診療部兼任)

主な担当 救急・集中治療
資格等 認定内科医、腎臓専門医、透析専門医

横溝 真央人(救急総合診療部兼任)

主な担当 救急
資格等

総合診療センターについて

横須賀市立うわまち病院総合診療センターは、内科/救急/集中治療/地域医療を主なフィールドとして診療しています。疾患だけでなく、患者さんの生活背景もふまえた全人的な医療を提供できるように心がけ、日々の診療を行っています。

総合診療センターは救急科(救急総合診療部、集中治療部)と総合内科を包含しており、急性期から慢性期までの診療を連続的に担当しています。

総合診療センターの特徴

● 疾患や病態、臓器、重症度を問わない病院総合診療

総合内科外来や救急外来などから入院となった患者さんの入院管理を担当しています。入院担当症例数は年間1200例を超え、原因病態や臓器、疾患の重症度を問わず、多彩な疾患に対応しています。院内の専門診療科と連携をとりながら、それぞれの患者さんにとって最善の医療を提供できるように心がけています。

● 総合内科外来を中心とした外来診療

幅広い年齢層の患者さんが、様々な症状を抱えて受診する“病院の入り口”ともいえる総合内科外来を担当しています。風邪や胃腸炎といった一般的な疾患から、不明熱や膠原病などの診断が難しい症例にも対応しています。

● 救急医療への積極的な関わり

当院は救命救急センターの指定を受けています。小児から高齢者まで、内因性疾患だけでなく、外傷や中毒、環境異常症など外因性疾患まで、様々な疾患・重症度の患者さんを絶え間なく受け入れています。総合診療センターはうわまち病院の救急診療を中心となって支えており、横須賀・逗子・葉山・三浦半島地域の救急医療の充実に貢献しています。また、三浦半島地区メディカルコントロール協議会に参加し、三浦半島地区の病院前診療の体制整備にも積極的に関わっています。

● チーム医療と教育システム

総合診療センターでは、指導医・専攻医・初期臨床研修医・特定看護師で診療チームを作り、質の高いチーム医療を実施・提供できるように心がけています。毎日行うカンファレンスに加えて、定期的に勉強会やシミュレーショントレーニングを開催し、医師だけでなくコメディカルスタッフも含めて知識や診療技術のアップデートを図っています。

● 地域医療への貢献

うわまち病院は、医師が不足している地域の医療機関に医師を派遣し、全国各地の地域医療を支えています。総合診療センターの医師も定期的に医師が不足している病院や診療所の支援のために出張し、地域医療を支えています。

特定ケア看護師

特定ケア看護師とは、看護師特定行為研修制度にもとづいた21区分38行為の特定行為研修を、地域医療振興協会(JADECOM)の研修センター(JADECOMアカデミー NP・NDC研修センター*)で修了した看護師のことです。特定ケア看護師は「特定行為を実施する看護師」なだけではなく、臨床推論をもとに「診る」と「看る」の視点で患者さんを全人的にとらえ、医療・看護を提供します。 当院の特定ケア看護師は総合診療センターに所属し、指導医と共に外来患者さん・入院患者さんの診療に関わっています。「診る」と「看る」の視点から、患者さん・患者家族の皆さん、外来・病棟の看護師・コメディカルスタッフのつながりを強固なものにし、より良質な医療を提供できるように努めています。

畑 貴美子(看護師長心得)

主な担当 Respiratory Support Team(RST)、Rapid Response System(RRS)、集中治療、特定行為研修
資格等 看護師特定行為研修21区分38行為修了、クリティカルケア認定看護師、
看護師特定行為研修指導者講習修了、日本救急医学会ICLSインストラクター

清雲 聡子(主任看護師)

主な担当 緩和ケア、総合診療
資格等 看護師特定行為研修21区分38行為修了、緩和ケア認定看護師、緩和ケア研修会修了

鶴井 亮扶(主任看護師)

主な担当 手術麻酔、集中治療
資格等 看護師特定行為研修21区分38行為修了

上田 匠哲

主な担当
資格等 看護師特定行為研修21区分38行為修了

山田 大地

主な担当
資格等 看護師特定行為研修21区分38行為修了、3学会合同呼吸療法認定士

入院症例数 1234人(2021年4月1日~2022年3月25日)

<入院総数>

<疾患分布>

総合診療センターでは専攻医・スタッフを募集しています

総合診療センターでは、内科専門医プログラム・救急科専門医プログラムに所属する専攻医の教育を行っています。 内科専門医プログラムは、総合内科診療に定評のある地域医療振興協会(JADECOM)の施設(東京ベイ・浦安市川医療センター、東京北医療センター、練馬光が丘病院など)や、神奈川県内の大学病院(横浜市立大学、聖マリアンナ医科大学)、神奈川県内の複数の総合病院と連携して研修を行っています。基幹病院となるうわまち病院と連携施設での研修を行うことで、研修期間中に無理なく幅広い症例を経験することができます。専攻医プログラム修了後も含め、個人の希望やライフサイクルに応じたテーラーメイドな研修ができるよう配慮しています。 救急科専門医プログラムでは、基幹施設であるうわまち病院の救急外来と集中治療室、総合診療部門での横断的な研修に加え、JADECOM関連施設や大学病院(横浜市立大学附属市民総合医療センター高度救命救急センター、横浜市立大学附属病院救急科、聖マリアンナ医科大学病院救命救急センター)などと連携しています。ER型だけでなく自己完結型の救命救急センターでの研修も行うことで、軽症から重症まで幅広い疾患を経験することができます。 診療スタッフも随時募集しています。専門診療をふまえて、今後は総合診療のフィールドで活躍したい方、初期臨床研修医や専攻医、コメディカルスタッフへの医学教育に興味がある方、総合診療の魅力を当院から多方面に発信していきたい方、ライフサイクルに応じた働き方をしたい方など、患者さんに寄り添う気持ちを持たれている方であればどなたでも大歓迎です。 まずはお気軽に見学等お越しください。

総合診療センターでの研修で取得可能な専門医・認定医資格

内科専門医(基本領域、プログラム基幹病院)

救急科専門医(基本領域、プログラム基幹病院)

日本集中治療医学会集中治療専門医

日本病院総合診療医学会病院総合診療専門医

日本病院会病院総合医

関連リンク