休診変更のお知らせ

外来のご案内

心臓血管外科

スタッフの紹介

安達 晃一(心臓血管外科部長)

主な担当 心臓血管外科全般
資格等 心臓血管外科専門医、心臓血管外科修練指導医、日本外科学会専門医、 日本外科学会指導医、日本脈管学会脈管専門医、植込み型補助人工心臓実施医、インフェクションコントロールドクター、認定産業医

中田 弘子(心臓血管外科科長)

主な担当 末梢血管外科
資格等 日本脈管学会脈管専門医、日本外科学会専門医、下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による指導医

今村 有佑(心臓血管外科医師)

主な担当 心臓血管外科全般
資格等

進士 弥央(心臓血管外科医師)

主な担当 心臓血管外科全般
資格等 日本外科学会専門医、腹部ステントグラフト実施医、胸部ステントグラフト実施医

中村 宜由(心臓血管外科医師)

主な担当 心臓血管外科全般
資格等

診療内容について

心臓血管外科について

 横須賀市立うわまち病院心臓血管外科は2009年より開設され、神奈川県横須賀、三浦地区における成人の心臓血管疾患に対して、外科治療を中心とする診療を行ってまいりました。
 現在5名体制で、24時間緊急症例にも対応しております。また救命救急センターと連携し、ドクターカーで紹介もとの医療機関に患者さんのお迎えに伺う体制を整えております。循環器科を中心とする院内の診療科と密接に連携し、患者さんの病態に最も適切な治療方針を検討して方針を決定しております。
 また、近年は、より低侵襲と言われる側方小開胸による心臓手術(MICS = 低侵襲心臓手術)を積極的に導入し、神奈川県内の心臓血管外科施設の中でも最も多くの患者さんに適応している施設となっております。
 外来は火曜、金曜の週2日で、月曜、水曜、木曜は手術日としております。

主な対象疾患として、
1.虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞、心筋梗塞後合併症)
2.心臓弁膜症(大動脈弁、僧帽弁、三尖弁疾患など)
3.大動脈疾患(胸・腹部大動脈瘤、大動脈解離、大動脈ステントグラフト手術)
4.成人の先天性心疾患
5.末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症、急性動脈閉塞など)
6.静脈疾患(下肢静脈瘤レーザー治療など)
7.透析用シャント造設、経皮的シャント血管形成術
などの手術治療を担当します。

特徴として、
1.循環器科とハートチームを形成し、連日のカンファレンスなどで最適の治療方針を検討しています。
2.右小開胸の弁膜症手術や左小開胸の冠動脈バイパス術など、適応症例は積極的に低侵襲手術(MICS = Minimally Invasive Cardiac Surgery)を行っています。
3.経験豊富な指導医のもと、手術時間が短く、難易度の高い手術にも対応しています。
4.急性大動脈解離や大動脈瘤破裂など、緊急手術を積極的に行っています。症例によってはドクターカーで医療機関へお迎えに行きます。開設以来の10年間で通算100例以上の急性大動脈解離の手術を行っており、現体制における在院死亡率は全国平均よりも大幅に低い約3%と良好な成績を維持しています。
5.胸部大動脈ステント挿入術や腹部大動脈ステント挿入術など、血管内治療にも対応してます。
6.下肢静脈瘤に対するレーザー治療を日帰りで行っています。
7.高齢者でも元気な患者さんの場合は積極的に手術適応としており、90歳以上の症例でも対応しています。
8.フットケア外来や、膝下動脈へのバイパス術による血行再建術など、重症の下肢虚血に対して包括的に対応しています。
9.退院後は連携するかかりつけ医や紹介医に通院していただいておりますが、年一回程度の定期的な検査を継続的に行ってアフターケアしています。

2018年の手術実績

 心臓血管外科開設後10年目にあたる2018年は303件の手術件数があり、うち、心臓胸部大血管手術は110件でした。
 2018年は特に、4月から小開胸の弁膜症手術が、新たに保険加算が認められるようになったことで、横須賀市立うわまち病院でも小開胸の心臓手術が大幅に増加し、神奈川県内で最も積極的に低侵襲手術を導入している施設の一つとなっております。特に体制が整った2018年からは可能な症例は標準術式として採用したことにより、更に増加傾向にあります。この低侵襲心臓手術には僧帽弁疾患だけでなく、大動脈弁、三尖弁、心臓腫瘍、心房中隔欠損症など適応を広げております。症例によっては大動脈弁+僧帽弁+三尖弁の同時手術も小開胸で対応しています。同時に小開胸アプローチから、心房細動に対するメイズ手術も併用して行っています。また、保険加算の対象とはまだなっていない左小開胸の多枝の冠動脈バイパス術や、開腹アプローチによる冠動脈バイパス術も可能な症例は実施しております。小開胸手術を行った患者さんの術後回復が速く、合併症も少ないので、退院までの期間が短縮し、合併症に対する追加手術が減少しました。今後もこの傾向は更に進んでいくものと考えられます。
 小開胸の心臓手術に関して、術後の疼痛対策として、肋間神経の冷凍凝固ブロックを積極的に実施しています。

2018年の手術実績
手術件数 303件  うち、心臓胸部大血管手術 110件
腹部大動脈瘤(腸骨動脈瘤含む)43件  末梢動脈手術 9件
透析用シャント造設術 20件  下肢静脈瘤レーザー治療 118件

心臓胸部大血管手術の内訳
虚血性心疾患  冠動脈バイパス術 30(全て人工心肺非使用手術、 左開胸8件)

弁膜症手術 51件

大動脈弁置換術  21件(うち右小開胸 8)
僧帽弁置換術    2件(うち右小開胸 2)
僧帽弁形成術   22件(うち右小開胸 12)
三尖弁形成術    2件(うち右小開胸 1) = 三尖弁単独手術
三尖弁輪縫縮術併施 8件(うち右小開胸 3)
大動脈弁置換+僧帽弁形成術 1件(うち右小開胸 1)
大動脈弁置換+僧帽弁置換術 1件(うち右小開胸 0)
大動脈基部再建術(Bentall) 2件

胸部大動脈手術  25件

急性大動脈解離      13件
上行大動脈置換術     8件
部分弓部大動脈置換    1件
部分弓部大動脈置換+大動脈弁置換 3件
大動脈基部再建術     1件

真性瘤・慢性解離性大動脈瘤
 上行大動脈置換術     3件
 弓部大動脈置換術     4件 (オープンステント挿入術 2)
 部分弓部大動脈置換術   1件
 下行大動脈置換術     1件
 瘤切除+パッチ閉鎖術   1件
 胸部大動脈ステント挿入術 2件

その他
 右小開胸心臓粘液腫切除術   1件
 右小開胸心房中隔欠損症閉鎖術 1件
 左心耳切除術(縫縮含む)   3件(うち小開胸 2)
 冠動脈-肺動脈瘻根治術    1件
 心外傷に対する止血術     2件

低侵襲心臓手術の実績

各疾患の基本方針

1. 虚血性心疾患
心臓を栄養する冠動脈の狭窄や閉塞に対して、循環器内科によるカテーテル治療が困難な症例や手術が適切であると判断された症例に対し、冠動脈バイパス術を施行しております。当院では人工心肺を用いず、心臓を動かしたままバイパスを行う心拍動下冠動脈バイパス術をほぼ全症例に行っております。また皮膚小切開による左開胸での低侵襲冠動脈バイパス術(MID-CABまたはMICS-CAB)も積極的に行っており、全体の1/3の症例に適応にしております。また、カテーテル治療と低侵襲冠動脈バイパスを組み合わせたハイブリッド手術も循環器科との連携の元、積極的に行っています。
心筋梗塞の機械的合併症(左室破裂、乳頭筋断裂、心室中隔欠損症)に対して積極的に緊急手術を行います。
陳旧性心筋梗塞による心不全や難治性不整脈に対して、左室形成術や冷凍凝固療法を行っています。

2. 心臓弁膜症
弁膜症におけるスクリーニング検査や定期的フォローアップ、外科治療を行っております。
手術が必要な患者さんには、
【大動脈弁疾患】
大動脈弁閉鎖不全症や大動脈弁狭窄症に対する大動脈弁置換術において、基本的に全ての症例で右小開胸か胸骨部分切開による低侵襲手術を採用しております。症例によっては自己弁温存手術や自己心膜よる再建手術を行います。昨今は生体弁の長期成績も向上しているので、機械弁を使用する症例は減少しており、9割以上の症例で生体弁を使用しています。また生体弁にも複数の製品があり、患者さんのライフスタイルや予後、組織形態に適合した生体弁を選択して使用しています。
【僧帽弁疾患】
僧帽弁狭窄症や僧帽弁閉鎖不全症に対して基本的に右小開胸アプローチ(9割以上)で僧帽弁手術を行っています。僧帽弁閉鎖不全症には、積極的に自己弁を修復する僧帽弁形成術を9割以上の症例で行っております。
【三尖弁疾患】
弁形成術や弁輪縫縮術を積極的に行っております。 右小開胸アプローチで、大動脈弁手術や僧帽弁手術と併用した三尖弁形成術を行います。三尖弁単独の手術においても右小開胸アプローチによる低侵襲手術を行っております。

3. 不整脈
心房細動に対して規則正しい脈に戻すメイズ手術を積極的に行っております。多くの症例は弁膜症手術に併施するメイズ手術または肺静脈隔離術であり、冷凍凝固療法、高周波による焼灼手術など、専用のデバイスを使用して、右小開胸アプローチで行っています。メイズ手術不適応で心房細動が持続する症例には、左小開胸による左心耳切除または閉鎖術も実施しています。左房内血栓の9割が左心耳に形成されると言われており、左心耳を切除または閉鎖することにより、抗凝固療法が出来ない患者さんでも血栓形成に伴う脳梗塞などの塞栓症の危険性が大幅に減少できると考えられています。

4. 大動脈疾患(大動脈瘤・大動脈解離)
【胸部大動脈】
最大径が55mmを超えた場合は人工血管置換術を施行しております。上行大動脈、弓部大動脈は基本的に人工血管置換術を行います。近年はオープンステント手術の導入により、より短時間に弓部大動脈置換を行うことができるようになってきました。胸部下行大動脈の拡大に対してはステントグラフト内挿術を第一選択としております。急性大動脈解離や大動脈破裂は生命に直結する重篤な疾患でありますので、可及的速やかに緊急手術を24時間体制で施行しております。
また、CTでの大動脈のスクリーニング検査を積極的に行っています。特に喫煙している人や大動脈疾患の家族歴のある患者さんには、突然死の予防のため一度検査を受けることをお勧めしています。
【腹部大動脈】
最大径が40mmを超えた場合は人工血管置換術もしくはステントグラフト挿入術を施行しております。大動脈疾患は家族歴のある人や、体質や生活習慣に関連して発症する場合もあるため、リスク因子評価や大動脈疾患のスクリーニング検診、定期的な外来フォローアップ、または予防のための相談も積極的に行っております。

5. 閉塞性動脈硬化症(担当:中田弘子)
循環器内科が行うカテーテル治療が著しく進歩しております。しかし、カテーテル治療が難しい病変や長期成績を考慮し手術療法を施行しております。特に膝から下の末梢の血管の病変の場合はバイパス手術により劇的に血流が改善致します。潰瘍や壊死に陥ってしまった足の切断を免れるよう、もしくは切断するとしてもなるべく範囲を狭められるよう形成外科・皮膚科とも協力し治療にあたっております。 また、靴外来などフットケアにも力を入れています。

6. 下肢静脈瘤(担当:中田弘子)
静脈瘤の手術も積極的に行っております。美容上の目的と、足のだるさ、攣り、色素沈着等の症状緩和のために小さな創で行っております。また2015年4月より静脈瘤レーザー治療を開始致しました。日帰りにて手術を行い、生活制限なく治療が可能です。創も非常に小さくほとんど目立ちません。抗血小板薬や抗凝固薬などの、いわゆる「血液さらさら」の内服薬を内服されている場合も、薬の中止をせずに施行可能です。お気軽にご相談ください。

当院の下肢静脈瘤レーザー治療でかかる費用と通院回数について

1.医療費3割負担の方、片足の治療の場合
手術費用:約44.000円
外来通院、検査など:合計約11.000円
弾性ストッキング:1足約3.800円(持っている方は購入の必要ありません。)

2.医療費1割負担の方、片足の治療の場合
手術費用:約15.000円
外来通院、検査など:合計約3.600円
弾性ストッキング:1足約3.800円(持っている方は購入の必要ありません。)

  • 両側の治療の方は、手術費用のみ2倍になります。
  • 合併疾患をお持ちの方など、追加の検査が必要な場合はさらに費用が掛かる場合があります。
  • 民間の医療保険の給付対象になる場合があります。保険会社にご確認ください。

通院回数は、通常は術前3回(初診、検査、結果説明)、術後3回(術後2日目、1か月目、3か月目)必要となります。診察日は火曜日あるいは金曜日の午前(場合によっては午後)に予約枠があり、検査日は月曜日から木曜日の午後に予約枠があります。

手術日は毎週水曜日で日帰り外来手術となります。術直後から平地、階段ともに歩行は可能です。入浴は2日目以降からとさせて頂いております。血液サラサラ薬(抗血栓薬)を飲んでいらっしゃる方でも休薬せずに治療を受けることが出来ます。

初診から手術までの期間は、混雑状況によって2-4週程度となります。

  • 初診の場合の当院への紹介状、または紹介状なしの初診の場合に発生する特定療養費2700円は別途必要になります。

部長 安達晃一 略歴

1994年
自治医科大学医学部卒業
1994年
自治医科大学付属病院
1995年
自治医科大学附属さいたま医療センター
1996年
市立大森病院 内科 科長
1997年
市立田沢湖病院 外科 科長
2002年
自治医科大学附属さいたま医療センター 心臓血管外科 助教
2007年
沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院 心臓血管外科 部長
2009年
横須賀市立うわまち病院 心臓血管外科 部長
2011年
自治医科大学附属さいたま医療センター 心臓血管外科 助教
2014年
イムスグループ春日部中央総合病院 心臓血管外科 部長
2015年
自治医科大学附属さいたま医療センター 心臓血管外科 講師
2016年
横須賀市立うわまち病院 心臓血管外科 部長

資格

心臓血管外科専門医
心臓血管外科修練指導医
日本外科学会専門医
日本外科学会指導医
日本脈管学会脈管専門医
植込み型補助人工心臓実施医
インフェクションコントロールドクター
臨床研修指導医
認定産業医

【Medical Note プロフィール】

関連施設

関連リンク

当院の医師が取材されました

  • 感染性心内膜炎とは-症状や治療法は?

    安達 晃一 医師 心臓血管外科 部長 / 自治医科大学附属さいたま医療センター 心臓血管外科 講師 取材記事はこちら
  • 腹部大動脈瘤とは 症状や治療法について詳しく解説

    安達 晃一 医師 心臓血管外科 部長 / 自治医科大学附属さいたま医療センター 心臓血管外科 講師 取材記事はこちら
  • 冠動脈バイパス術(CABG)とは?適応や方法について

    安達 晃一 医師 心臓血管外科 部長 / 自治医科大学附属さいたま医療センター 心臓血管外科 講師 取材記事はこちら
  • 下肢壊疽で足を失わないために-フットウェアの重要性

    中田 弘子 医師 横須賀市立うわまち病院 心臓血管外科 取材記事はこちら
  • 高齢者に多い慢性下肢浮腫-少しの気付きと対策でむくみ予防を

    中田 弘子 医師 横須賀市立うわまち病院 心臓血管外科 取材記事はこちら
  • 下肢静脈瘤とは?症状や治療法について

    中田 弘子 医師 横須賀市立うわまち病院 心臓血管外科 取材記事はこちら
  • 小さな傷で行う心臓手術 MICS(ミックス)とは?

    安達 晃一 医師 心臓血管外科 部長 / 自治医科大学附属さいたま医療センター 心臓血管外科 講師 取材記事はこちら
  • 急性大動脈解離の手術法と今後の展望-より安全な治療を目指して

    安達 晃一 医師 心臓血管外科 部長 / 自治医科大学附属さいたま医療センター 心臓血管外科 講師 取材記事はこちら
  • 大動脈解離の診断と予後において重要となるもの

    安達 晃一 医師 心臓血管外科 部長 / 自治医科大学附属さいたま医療センター 心臓血管外科 講師 取材記事はこちら