休診変更のお知らせ

外来のご案内

心臓血管外科


スタッフの紹介

安達 晃一(心臓血管外科部長)

主な担当 心臓血管外科全般
資格等 心臓血管外科専門医、心臓血管外科修練指導医、日本外科学会専門医、日本外科学会指導医、日本脈管学会脈管専門医、植込み型補助人工心臓実施医、日本心臓血管外科学会 国際会員、日本胸部外科学会評議員、インフェクションコントロールドクター、認定産業医、下肢静脈瘤に対する血管内治療実施基準による実施医

中田 弘子(心臓血管外科科長)

主な担当 末梢血管外科
資格等 日本脈管学会脈管専門医、日本外科学会専門医、下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による指導医

田島 泰(心臓血管外科医師)

主な担当 心臓血管外科全般
資格等 日本外科学会専門医、心臓血管外科専門医、日本脈管学会脈管専門医、下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による指導医、腹部ステントグラフト指導医、胸部ステントグラフト実施医

中村 宜由(心臓血管外科医師)

主な担当 心臓血管外科全般
資格等

佐野 太一(心臓血管外科医師)

主な担当 心臓血管外科全般
資格等

診療内容について

心臓血管外科について

 横須賀市立うわまち病院心臓血管外科は2009年より開設され、神奈川県横須賀、三浦地区における成人の心臓血管疾患に対して、外科治療を中心とする診療を行ってまいりました。
 現在5名体制で、24時間緊急症例にも対応しております。また救命救急センター・循環器内科と連携し、ドクターカーで紹介もとの医療機関に患者様のお迎えに伺う体制を整えております。循環器科を中心とする院内の診療科と密接に連携し、患者様の病態に最も適切な治療方針を検討して方針を決定しております。
 また、近年は、より低侵襲と言われる側方小開胸による心臓手術(MICS = 低侵襲心臓手術)を積極的に導入し、神奈川県内の心臓血管外科施設の中でも最も多くの患者様に適応している施設となっております。特に他施設ではまだ実施経験の少ない右小開胸アプローチによる大動脈弁置換、大動脈弁と僧帽弁の同時手術、三弁手術、先天性心疾患手術、メイズ手術や左心耳閉鎖術の併施も標準術式として行っており、左小開胸アプローチによる多枝オフポンプCABG(MICS-CABG)も冠血行再建手術の半数以上の症例で実施しております。
 下肢静脈瘤の治療に関しては横須賀三浦地区では最も長く、また多くの症例実績があり、現在では全ての症例を外来治療としております。血管内レーザー治療をいち早く導入し、最新のグルー治療(VenaSeal)も導入し、治療選択の幅が広まっております。
 外来は火曜、金曜の週2日で、月曜、水曜、木曜は手術日としております。

主な対象疾患として、
1.虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞、心筋梗塞後合併症、MICS対応)
2.心臓弁膜症(大動脈弁、僧帽弁、三尖弁疾患など、MICS対応)
3.大動脈疾患(胸・腹部大動脈瘤、大動脈解離、大動脈ステントグラフト手術)
4.成人の先天性心疾患(MICS対応)
5.末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症、急性動脈閉塞などの血行再建術(カテーテル治療は循環器内科が対応しています))
6.静脈疾患(下肢静脈瘤レーザー治療、グルー治療など)
7.透析用シャント造設、経皮的シャント血管形成術
などの手術治療を担当します。

特徴として、
1.循環器科とハートチームを形成し、連日のカンファレンスなどで最適の治療方針を検討しています。現在はオンラインカンファレンスで他施設の症例の検討、治療相談も行なっています。
2.右小開胸アプローチによる弁膜症手術や左小開胸の冠動脈バイパス術など、適応症例は積極的に側方小開胸による低侵襲手術(MICS = Minimally Invasive Cardiac Surgery)を行っており、全心臓胸部大血管手術の1/3以上の症例に適応しています。特に近年では左小開胸アプローチによる冠動脈バイパス術(MICS-CABG)が増加しています。
3.自治医科大学附属さいたま医療センター心臓血管外科で修練した経験豊富な指導医のもと、手術時間が短く、難易度の高い手術にも積極的に対応しており、関連施設等の手術指導・支援や学会での情報発信を積極的に行っています。
4.急性大動脈解離や大動脈瘤破裂など、緊急手術を24時間体制で積極的に行っています。症例によってはドクターカーで医療機関へお迎えに行きます。開設以来の10年間で通算100例以上の急性大動脈解離の手術を行っており、現体制(2016年~)における在院死亡率は全国平均よりも大幅に低い約4%と良好な成績を維持しています。
5.胸部大動脈ステント挿入術や腹部大動脈ステント挿入術の実施施設として、低侵襲な大動脈疾患の血管内治療にも対応しています。
6.下肢静脈瘤に対するレーザー治療および最新のグルー治療を県内でも最も早く導入し、日帰り手術で行っています。
7.高齢者でも元気な患者さんの場合は積極的に手術適応としており、90歳以上の症例でも対応しています。特に高齢者には基本的にMICS(低侵襲手術)を適応しています。
8.フットケア外来や、膝下動脈へのバイパス術による血行再建術など、重症の下肢虚血に対して包括的に対応しています。
9.大動脈疾患や動脈硬化性疾患のスクリーニング・フォローアップ検査を通じて、将来の心臓・血管病の予防指導を積極的に行っています。
10.退院後は連携するかかりつけ医や紹介医に通院していただいておりますが、年一回程度の定期的な検査を継続的に行ってアフターケアしています。

2021年の手術実績

 横須賀市立うわまち病院心臓血管外科は2009年4月に開設以来、12年目となり、横須賀、三浦半島地区の心臓血管外科診療を担ってきました。10年以上が経過し、より地域に定着してきた印象があり、近隣の病院、医院からも紹介されてくる患者さんが増えてきた印象があります。
 近年は、緊急手術に対する対応もさることながら、小開胸アプローチによる低侵襲心臓手術(複数弁の弁膜症手術や多枝オフポンプ冠動脈バイパス術)や大動脈ステントグラフトの手術件数も増加傾向で、より低侵襲で先進的な手術を目指して新しい技術の導入にも積極的に取り組んでいます。2021年より三次元内視鏡システムを県内で最も早く導入し、より質の高い内視鏡補助手術が出来るようになっています。
 2025年には久里浜地区に新築移転の計画が進んでおり、それに合わせてハイブリッド手術室を導入しTAVI(経カテーテル的大動脈弁置換術)やより質の高い大動脈血管内治療など、最新の低侵襲治療が行える環境を整えていく予定です。
 そうした中で、2021年は2020年に引き続き、新型コロナウィルスのパンデミックの影響を病院全体が大きく受けた一年でした。心臓血管外科も少なからず診療抑制をうけた時期もありましたが、その分のリバウンドとも言える症例数が一時的に増加する時期もあったりしたため、例年には届かないまでも、前年より手術症例は増加しました。内訳をみると、106件の心臓胸部大血管手術のうち、高齢化を反映して弁膜症が増加傾向で、特に大動脈弁置換術が多く、今後新病院での経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI)導入に向けて準備を進めていく予定です。
 弁膜症に対するMICS(低侵襲手術)は、縦隔炎などの合併症が少なく高齢者にも早期回復が可能なため積極的に採用してきましたが、近年はより成績が安定して定着した実感があると同時に、大動脈弁+僧帽弁の複合手術にも応用し、また自動結紮デバイス(Cor-knot)の導入など新しい器機も積極的に導入して、より高度な治療に対応できるように進化しています。
 こうして積極的に低侵襲手術を導入していく中で、2021年ははじめて単独冠動脈バイパス術の症例でMICS(小開胸アプローチ)が従来の正中アプローチの症例を上回りました。若年の症例には全てのグラフトを動脈グラフトのみで血行再建する手術を正中アプローチと同様に実施し、また中枢側吻合を腋窩動脈とする新たな方法を採用することでグラフトデザインの多様化も可能になるように進化させております。

2021年の手術実績
手術件数 257件
 心臓胸部大血管手術件数 106件 腹部大動脈瘤 44件
 末梢動脈手術 17件
 下肢静脈瘤 50件 透析用シャント造設術 26件 その他 12件

心臓胸部大血管手術の内訳


虚血性心疾患 30例

 単独冠動脈バイパス術 19例 MICS 13例 正中アプローチ 6例
               Off Pump 1例  On Pump Beating 1例
 複合手術(冠動脈バイパス術+弁膜症手術等) 10例
 左室破裂に対する止血術 1例(Central ECMOによって救命)

弁膜症手術 41例


大動脈弁置換術 25例   うち右小開胸アプローチ 9例(うち大動脈弁+僧帽弁 3)
 正中アプローチでの単独大動脈弁置換術 8例
 複合手術 15例

大動脈基部再建術 5例(うちRedo 2 急性大動脈解離1)


僧帽弁形成術 14例    右小開胸アプローチ 6例
 正中アプローチ 3例
 複合手術 3例

僧帽弁置換術 5例    すべて正中アプローチ
 うち感染性心内膜炎 3例  再弁置換術 1例  左房+右房縫縮術併施 1例

単独三尖弁形成術 2例   うち右小開胸アプローチ 2例
うち、心房中隔欠損症閉鎖術併施 1例

胸部大動脈手術(胸部大動脈瘤/大動脈解離) 34例
 大動脈解離 13例
 胸部大動脈瘤 人工血管置換術 9例
  ステントグラフト 8例

その他の手術
 肺動脈血栓摘除術 1例
 肺動脈腫瘍切除術 1例
 肺動脈出血に対する止血術 1例
 心膜剥皮術 1例
 心室中隔欠損症閉鎖+冠動脈バイパス術 1例
 心房中隔欠損症閉鎖術+三尖弁輪縫縮術 1例
 心房内血栓除去+左房・右房縫縮術 1例
 心房縫縮術 3例

低侵襲心臓手術の実績

各疾患の治療方針

1. 虚血性心疾患
心臓を栄養する冠動脈の狭窄や閉塞に対して、循環器内科によるカテーテル治療が困難な症例や手術が適切であると判断された症例に対し、冠動脈バイパス術を施行しております。当院では人工心肺を用いず、心臓を動かしたままバイパスを行う心拍動下冠動脈バイパス術をほぼ全症例に行っております。また皮膚小切開による左開胸での多枝低侵襲冠動脈バイパス術(MID-CABまたはMICS-CAB)も積極的に行っており、全体の半数以上の症例に適応にしております。また、カテーテル治療と低侵襲冠動脈バイパスを組み合わせたハイブリッド手術も循環器科との連携の元、積極的に行っています。
心筋梗塞の機械的合併症(左室破裂、乳頭筋断裂、心室中隔欠損症)に対して積極的に緊急手術を行います。肺水腫による酸素化不良の症例には冠動脈や脳の酸素化に重点を置くCentral ECMOも積極的に採用していますが、2022年からはImpella導入によりVA+VV ECMO+Impella (VAVEcpella)による治療も可能となり、より幅広い重症心不全治療が可能となります。
陳旧性心筋梗塞による心不全や難治性不整脈に対して、左室形成術や冷凍凝固療法を行っています。

2. 心臓弁膜症
弁膜症におけるスクリーニング検査や定期的フォローアップ、外科治療を行っております。手術が必要な患者様には、基本的に側方小開胸アプローチによる低侵襲心臓手術(MICS=Minimally Invasive Cardiac Surgery)としております。

【大動脈弁疾患】
大動脈弁閉鎖不全症や大動脈弁狭窄症に対する大動脈弁置換術において、基本的に全ての症例で右小開胸か胸骨部分切開による低侵襲手術を採用しております。症例によっては自己弁温存手術や自己心膜よる再建手術を行います。昨今は生体弁の長期成績も向上しているので、機械弁を使用する症例は減少しており、9割以上の症例で生体弁を使用しています。また生体弁にも複数の製品があり、患者様のライフスタイルや予後、組織形態に適合した生体弁を選択して使用しています。 最近はより長期使用が期待できる生体弁が使えるようになり、また手術時間の短縮が可能な、縫合糸の結紮を必要としない最新のSutureless弁(Rapid Deployment Valve)も県内で最も早く導入し、これに関しても県内でも唯一MICSでの移植に対応しています。

【僧帽弁疾患】
僧帽弁狭窄症や僧帽弁閉鎖不全症に対して基本的に右小開胸アプローチで僧帽弁手術を行っています。僧帽弁閉鎖不全症には、積極的に自己弁を修復する僧帽弁形成術を適応可能な全ての症例に行なっています。

【三尖弁疾患】
弁形成術や弁輪縫縮術を積極的に行っております。 右小開胸アプローチで、大動脈弁手術や僧帽弁手術と併用した三尖弁形成術を行います。感染性心内膜炎の症例も含め、三尖弁単独の手術においても右小開胸アプローチによる心拍動下の低侵襲手術を行っております。

3. 不整脈
心房細動に対して規則正しい脈に戻すメイズ手術を積極的に行っております。多くの症例は弁膜症手術に併施するメイズ手術または肺静脈隔離術であり、冷凍凝固療法、高周波による焼灼手術など、併施する術式に合わせて種々の専用のデバイスを使用して、右小開胸アプローチで行っています。メイズ手術不適応で心房細動が持続する症例には、左小開胸による左心耳切除または閉鎖術も実施しています。左房内血栓の9割が左心耳に形成されると言われており、左心耳を切除または閉鎖することにより、抗凝固療法が出来ない症例でも血栓形成に伴う脳梗塞などの塞栓症の危険性が大幅に減少できると考えられています。 心房拡大症例では、心房縫縮術による心臓容積の縮小と同時に肺の容積拡大を、呼吸障害を改善する目的に行なっています。

4. 大動脈疾患(大動脈瘤・大動脈解離)

【胸部大動脈】
最大径が55mmを超えた場合は人工血管置換術を施行しております。上行大動脈、弓部大動脈は基本的に人工血管置換術を行います。近年はオープンステント手術の導入により、より短時間に弓部大動脈置換を行うことができるようになってきました。 さらに低侵襲で短時間の手術が可能な、弓部置換を伴わないオープンステント挿入術(LIQS手術)も可能な症例には適応しています。 胸部下行大動脈の拡大に対してはステントグラフト内挿術を第一選択としております。急性大動脈解離や大動脈破裂は生命に直結する重篤な疾患でありますので、可及的速やかに緊急手術を24時間体制で施行しております。
また、CTでの大動脈のスクリーニング検査を積極的に行っています。特に喫煙している人や大動脈疾患の家族歴のある患者様には、突然死の予防のため一度検査を受けることをお勧めしています。

【腹部大動脈】
最大径が40mmを超えた場合は人工血管置換術もしくはステントグラフト挿入術を施行しております。大動脈疾患は家族歴のある人や、体質や生活習慣に関連して発症する場合もあるため、リスク因子評価や大動脈疾患のスクリーニング検診、定期的な外来フォローアップ、または予防のための相談も積極的に行っております。

5. 閉塞性動脈硬化症(担当:中田弘子)
循環器内科が行うカテーテル治療が著しく進歩しております。しかし、カテーテル治療が難しい病変や長期成績を考慮し手術療法を施行しております。特に膝から下の末梢の血管の病変の場合はバイパス手術により劇的に血流が改善させるべく、潰瘍や壊死に陥ってしまった足の切断を免れるよう、もしくは切断するとしてもなるべく範囲を狭められるよう形成外科・皮膚科とも協力し治療にあたっております。 また、靴外来などフットケアにも力を入れています。

6. 下肢静脈瘤(担当:中田弘子)
静脈瘤の手術も積極的に行っております。美容上の目的と、足のだるさ、攣り、色素沈着等の症状緩和のために小さな創で行っております。また2015年4月より静脈瘤レーザー治療を開始致しました。日帰りにて手術を行い、生活制限なく治療が可能です。創も非常に小さくほとんど目立ちません。抗血小板薬や抗凝固薬などの、いわゆる「血液さらさら」の内服薬を内服されている場合も、薬の中止をせずに施行可能です。特に最近は、局所麻酔薬の使用が少量ですむ、最新のグルー治療を導入し、症例数が増えています。患者様の病状にあわせて最適の治療方法を選択していますので、お気軽にご相談ください。

心臓血管外科修練医募集中

 横須賀市立うわまち病院心臓血管外科では、若手医師が数多くの手術症例を経験出来ることで有名な自治医科大学附属さいたま医療センター心臓血管外科医局の関連施設として心臓血管外科専門医を目指す修練医を募集しています。外科専門医を目指す外科後期研修医、外科専門医取得後に心臓血管外科専門医を目指す心臓血管外科修練医、いずれも受け入れております。心臓血管外科専門医コースは、関連施設を医局員としてローテートしながら専門医を最短7年目での取得を目指します。詳細は、お問い合わせください。

2021年 学会発表・論文・講演等 業績

【2021年実績】
3月3日
 第51回日本心臓血管外科学会学術総会
① 冠動脈バイパス術後の心臓再手術症例に対する側方開胸アプローチの有用性
安達晃一、田島泰、中村宜由、中田弘子、山口敦司
② 正中切開と小開胸アプローチにおける術後疼痛管理比較
中村宜由 安達晃一 田島泰 中田弘子

3月13日
 第185回 胸部外科学会関東甲信越地方会
① 三尖弁感染性心内膜炎に対して、MICS TVP を実施した症例
中村宜由、安達晃一、田島 泰、中田弘子
② 医原性腕頭動脈損傷に対して、右第二肋間部分胸骨正 中切開による動脈形成術を実施した症例
佐野太一、田島 泰、安達晃一、中村宣由、中田弘子

4月8-10日
 第121回 日本外科学会総会
右小開胸アプローチによる心拍動下冠動脈バイパス術(MICS-CABG)を安全、確実に実施するために
安達晃一、田島泰、中村宜由、佐野太一、中田弘子、山口敦司

4月9日
 第29回 日本大動脈外科研究会
Shaggy Aortaを有する弓部大動脈瘤に対しIsolated Cerebral Perfusion Techniqueを使用し人工血管置換術を施行した二治験例
田島 泰、安達晃一、中村宜由、中田弘子

5月19-21日
 第49回日本血管外科学会総会
① 腋窩動脈送血を安定した送血路とするための工夫と教育
安達晃一、田島泰、中村宜由、佐野太一、中田弘子
② EVAR後エンドリークによる大動脈瘤拡大に対する開腹手術の3症例
中村宜由、安達晃一、田島泰、佐野太一、中田弘子

6月3-4日
 第68回 日本麻酔学会総会
低侵襲心臓手術において 持続前鋸筋間膜面ブロックが 術後鎮痛に及ぼす影響
堀北奨 砂川浩 讃井將満  安達晃一  牧野淳 千葉圭彦

6月5日
 第186回日本胸部外科学会関東甲信越地方会
① MICS CABG を実施した後に COVID-19 陽性が判明した一症例
中村宜由、安達晃一、佐野太一、田島 泰、中田弘子
② Clostridium difficile 関連腸炎を合併した重症肺塞栓症に対して肺動脈血栓除去術を施行した一例
佐野太一、田島 泰、中村宣由、安達晃一、中田弘子

7月15-16日
 第26回 日本冠動脈外科学会学術大会
① 左内胸動脈と大伏在静脈で行なうMICS-CABG
安達晃一、田島泰、中村宜由、佐野太一、中田弘子
② Comparison of MICS-CABG's outcomes of elderly at our hospital.
中村宜由 安達晃一 佐野太一 田島泰 中田弘子

10月14-16日
 第62回日本脈管学会総会
① 腹部分枝灌流を要する傍腎動脈腹部大動脈瘤手術に対する部分体外循環の有用性
安達晃一、田島泰、中村宜由、佐野太一、中田弘子、山口敦司
② 大動脈Agatston scoreと急性A型大動脈解離の進行度との相関関係に関する研究
田島泰、岩越真一、井上毅、中村宜由、佐野太一、中田弘子、井上隆、安達晃一

10月30日-11月3日
 第75回 日本胸部外科学会定期学術集会
① The Differences among Full Sternotomy, Partial sternotomy, and Right Infra-axillary Thoracotomy with Stonehenge Technique for Aortic Valve Surgery
田島泰、佐野太一、中村宜由、中田弘子、安達晃一
② 当院におけるMICS vs Conventional OPCABの症例比較検討
中村宜由 安達晃一 佐野太一 田島泰 中田弘子
③ 心臓手術周術期にCOVID-19肺炎を併発した2症例
安達晃一、田島泰、中村宜由、佐野太一、中田弘子
④ MICS-CABGにおける左小開胸アプローチからの直視下左内胸動脈採取についての検討
安達晃一、田島泰、中村宜由、佐野太一、中田弘子、山口敦司
⑤ 肺動脈原発性血管内肉腫に対して、肺動脈弁置換を伴う肺動脈人工血管置換術および左肺全摘徐術を施行した一根治例
佐野太一、安達晃一、田島泰、中村宜由、中田弘子

11月6日
 第187回日本胸部外科学会関東甲信越地方会
① 弓部置換+open stent 留置後 重症虚血性膵炎・WON を合併した一例
佐野太一、安達晃一、田島泰、中村宜由、中田弘子
② TAR+ET 術後、二期的に TEVAR 実施後にエンドリークによる消費性凝固障害に対して再 TAVAR を実施した一例
中村宜由、安達晃一、佐野太一、田島 泰、中田弘子

12月17-18日
第35回日本冠疾患学会
① 当院における75歳以上でのMICS vs Conventional CABGの症例比較検討
中村宜由、安達晃一、田島泰、佐野太一、中田弘子
② CABG術後狭心症再発症例に対するMICS-CABGの有用性
安達晃一、田島泰、中村宜由、佐野太一、中田弘子、山口敦司


【論文】
「高度の胸郭変形を伴う嚢状遠位弓部大動脈瘤に対する前側方開胸下部胸骨部分切開(antero-lateral thoracotomy with partial sternotomy:ALPS)アプローチによるパッチ形成術の一例」
横須賀市立うわまち病院 心臓血管外科
中村宜由 安達晃一 進士弥央 今村有佑 田島泰 中田弘子
胸部外科 南江堂 胸部外科74巻02号 p0147-0151, 2021

「右総頸動脈閉塞を伴うStanford A型急性大動脈解離に対する脳血行再建を先行した部分弓部大動脈置換術の一例」
横須賀市立うわまち病院 心臓血管外科
中村宜由 安達晃一 進士弥央 田島泰 中田弘子
胸部外科 南江堂 胸部外科74巻07号 p0558-0560, 2021

Tashima Y, Toyoshima Y, Chiba K, Nakamura N, Adachi K, Inoue Y, Yamaguchi A : Physical activities and surgical outcomes in elderly patients with acute type A aortic dissection. J Card Surg. 2021 Aug;36(8):2754-2764. DOI: 10.1111/jocs.15617.


【座長】
6月5日
安達晃一 第186回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 心臓その他

11月3日
安達晃一 第75回 日本胸部外科学会総会  心房性MR

12月17日
安達晃一 How to use ARNI 講演会 座長 コメンテーター
TKPガーデンシティプレミアム 横浜西口


【講演】
6月12日
第33回胸部外科教育施設協議会 ランチョンセミナー
勤務医のための節税対策
安達晃一

6月30日
 Abbott National Case Conference
 MICS-AVR 安達晃一

12月4日
 MICS-CABG Online Symposium
 LITA-LADから始めるMICS-CABG
 安達晃一

部長 安達晃一 略歴

1994年
自治医科大学医学部卒業
1994年
自治医科大学付属病院
1995年
自治医科大学附属さいたま医療センター
1996年
市立大森病院 内科 科長
1997年
市立田沢湖病院 外科 科長
2002年
自治医科大学附属さいたま医療センター 心臓血管外科 助教
2007年
沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院 心臓血管外科 部長
2009年
横須賀市立うわまち病院 心臓血管外科 部長
2011年
自治医科大学附属さいたま医療センター 心臓血管外科 助教
2014年
イムスグループ春日部中央総合病院 心臓血管外科 部長
2015年
自治医科大学附属さいたま医療センター 心臓血管外科 講師
2016年
横須賀市立うわまち病院 心臓血管外科 部長

資格

心臓血管外科専門医
心臓血管外科修練指導医
日本外科学会専門医
日本外科学会指導医
日本脈管学会脈管専門医
植込み型補助人工心臓実施医
インフェクションコントロールドクター
臨床研修指導医
認定産業医

【Medical Note プロフィール】

関連施設

関連リンク

当院の医師が取材されました

  • 感染性心内膜炎とは-症状や治療法は?

    安達 晃一 医師 心臓血管外科 部長 / 自治医科大学附属さいたま医療センター 心臓血管外科 講師 取材記事はこちら
  • 腹部大動脈瘤とは 症状や治療法について詳しく解説

    安達 晃一 医師 心臓血管外科 部長 / 自治医科大学附属さいたま医療センター 心臓血管外科 講師 取材記事はこちら
  • 冠動脈バイパス術(CABG)とは?適応や方法について

    安達 晃一 医師 心臓血管外科 部長 / 自治医科大学附属さいたま医療センター 心臓血管外科 講師 取材記事はこちら
  • 下肢壊疽で足を失わないために-フットウェアの重要性

    中田 弘子 医師 心臓血管外科 科長 取材記事はこちら
  • 高齢者に多い慢性下肢浮腫-少しの気付きと対策でむくみ予防を

    中田 弘子 医師 心臓血管外科 科長 取材記事はこちら
  • 下肢静脈瘤とは?症状や治療法について

    中田 弘子 医師 心臓血管外科 科長 取材記事はこちら
  • 小さな傷で行う心臓手術 MICS(ミックス)とは?

    安達 晃一 医師 心臓血管外科 部長 / 自治医科大学附属さいたま医療センター 心臓血管外科 講師 取材記事はこちら
  • 急性大動脈解離の手術法と今後の展望-より安全な治療を目指して

    安達 晃一 医師 心臓血管外科 部長 / 自治医科大学附属さいたま医療センター 心臓血管外科 講師 取材記事はこちら
  • 大動脈解離の診断と予後において重要となるもの

    安達 晃一 医師 心臓血管外科 部長 / 自治医科大学附属さいたま医療センター 心臓血管外科 講師 取材記事はこちら