休診変更のお知らせ

外来のご案内

消化器内科

スタッフの紹介

池田 隆明(副病院長、消化器内科部長、消化器病センター長兼任)

主な担当 消化器一般
資格等 日本内科学会認定内科医・教育関連指導医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本肝臓学会専門医・指導医、日本がん治療認定医機構暫定教育医

秋間 崇(消化器内科医師)

主な担当 消化器一般
資格等 日本内科学会認定内科医、日本消化器学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医

森川 瑛一郎(消化器内科医師)

主な担当 消化器一般
資格等 日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医

小宮 靖彦(消化器内科医師)

主な担当 消化器一般
資格等 日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医

佐藤 晋二(消化器内科医師)

主な担当 消化器一般
資格等 日本内科学会認定内科医

消化器内科について

消化器内科は食道から直腸までの全消化管および肝臓・胆道・膵臓に至る実質臓器にわたるまで幅広い範囲の領域を担当しています。
吐下血・腸閉塞・胆管炎などの救急疾患に対しても24時間365日救急に対応できる体制を整えております。
また外科的加療が必要な場合は速やかに治療が行えるよう外科との協力体制のもと診療にあたっています。

内視鏡診断は拡大内視鏡や特殊光内視鏡を用いて、早期発見及び正確な病変範囲診断に努めています。
早期癌の場合は内視鏡を用いた治療を行っております。内視鏡治療ではESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を中心とした治療を胃のみならず、食道・大腸までも行っております。進行癌に関しては外科的手術に加えて抗癌剤治療を行っております。本年7月以降に放射線治療棟が建設後は内視鏡治療・抗癌剤治療・放射線治療を組み合わせた患者様にあった集学的治療を目指しております。
当院は各科の垣根が低く、個々の科をまたがって治療の選択法があることは癌治療での大きな強みであると考えられます。

胆膵内視鏡診断・治療に至っては急性胆管炎・急性胆嚢炎での緊急ドレナージ・胆管結石の内視鏡治療を行っております。また当院外科では膵癌や肝切除などの難しい外科的治療も積極的に行っており、手術前の高度な胆膵系内視鏡検査と処置を担っております。

ウイルス性肝炎に対する新しい取り組みや最新の治療を行っております。また肝細胞癌に関しても血管造影・カテーテル治療や超音波ガイド下治療を適切に選択、かつ組み合わせて行っております。

専門領域は何でも引き受けますのでご紹介下さい。

内視鏡件数

  2011
年度
2012
年度
2013
年度
2014
年度
2015
年度
上部内視鏡検査 763 2420 2169 2127 2410
食道静脈瘤治療
(EIS・EVL)
18 14 20 22
内視鏡的粘膜下層剥離術
(ESD)
26 30 9 33
胃瘻増設・交換術 157 103 79 74
下部内視鏡検査 363 1230 1283 1257 1555
下部治療内視鏡
(ポリペクトミー・EMR・ESD)
221 269 273 389
ERCP 38 236 199 183 259
EST 83 76 67 79
ENBD 29 18 70 68
胆管ステント挿入・交換 4 13 36 51
RFA/PEIT 4 7 4 4
TACE 3 5 8 7

当院の医師が取材されました

  • 原因はウイルス?C型肝炎やB型肝炎など肝炎の種類・症状・治療方法概論

    池田 隆明 副病院長 消化器病センター長 消化器内科部長 取材記事はこちら
  • C型肝炎は飲み薬で完治する時代に!治療の変遷と早期発見の重要性

    池田 隆明 副病院長 消化器病センター長 消化器内科部長 取材記事はこちら
  • B型肝炎治療のゴールとは?C型肝炎との治療の違いを解説

    池田 隆明 副病院長 消化器病センター長 消化器内科部長 取材記事はこちら
  • 肝臓がんの原因と治療方法-ステージ分類による違いとは

    池田 隆明 副病院長 消化器病センター長 消化器内科部長 取材記事はこちら
  • 胃酸が逆流する原因は? 逆流性食道炎をはじめとする酸関連疾患とは

    池田 隆明 副病院長 消化器病センター長 消化器内科部長 取材記事はこちら
  • 逆流性食道炎はどのように治療する?酸関連疾患の検査・診断と治療

    池田 隆明 副病院長 消化器病センター長 消化器内科部長 取材記事はこちら