休診変更のお知らせ

施設概要

薬剤部

薬剤師も、医師・看護師と協力してより良い医療の提供に努めています。
薬に関して聞きたいことがある方は、お気軽に薬剤師にも声をかけて下さい。ただし、サプリメント・健康食品のみの相談はご遠慮ください。

調剤業務

当院は電子カルテを採用しています。全ての医療スタッフがリアルタイムで患者さんの状態を把握することができます。薬剤師は、患者さんの状態と処方された薬が適合するかを確認し、安全確保に努めています。

クリックすると拡大表示されます。

注射調剤業務

注射薬においても、薬の量は適当か、混ぜても問題ないかなどを確認しています。また、入院患者さんの定時注射薬は各フロア、各チームごとにカートにて個人払い出しを行っております。カートによる一施用ごとの払い出しで、薬剤の過不足や誤調剤の軽減につながりました。
向精神薬、毒薬、特定生物由来(血液製剤)については、払いだしを患者単位で記帳、管理しております。
癌化学療法における抗癌剤のミキシングや、リハビリ病棟患者さんの高カロリー輸液の混注もおこなっています。

製剤業務

治療や診断に必要な薬剤で、製薬会社による製品化されていない薬剤については、医師の依頼を受けて薬剤部で調製しています。
現在扱っている品目は1%滅菌ホウ酸水、耳鼻科用ネブライザー液、3%酢酸水、ルゴール液、5000倍ボスミン液、20倍イソジン液、フラジール軟膏など約30品目があります。

薬剤管理指導業務

当院では各病棟に担当薬剤師がいます。
患者さんやご家族へ薬の説明や、病棟の薬の管理(持参薬の確認、病棟配置薬の管理など)を行ってます。

薬品管理業務

薬は薬品問屋から納品され、薬剤部調剤室で保管しています。薬が過不足ないようにチェックし、定期的に発注しています。また、温度管理、法的な管理が必要な薬(麻薬・毒薬・血液製剤など)についても日々点検しています。

その他の業務

救急診察室、内視鏡室、手術室、血管造影室の配置薬も薬剤師が補充、点検をしています。

院内感染対策業務

(薬物血中濃度の測定・解析による薬物療法(TDM)の最適化)
TDM(Therapeutic Drug Monitoring)は薬剤の適正使用推進には欠かすことのできない業務です。薬物の投与量は、年令や肝機能・腎機能により調節する必要があります。
薬剤部では抗MRS用薬について、初期投与量の提案や投与時間等の処方設計の支援、また投与後の血中濃度を測定し、適正な投与量や副作用発現を確認しています。

医薬品情報管理業務

薬事委員会の審議内容や最新の副作用情報、添付文書の改訂など毎月2回のペースで院内に発信しています。また、院内採用医薬品の資料を整理・保管し、医薬品の相互作用や注射薬の配合変化などの情報提供に活用しています。

ジェネリック医薬品の調べ方

<参考にしてください>

A:インターネットより調べる方法

①「日本ジェネリック医薬学会のホームページ」

「かんじゃさんの薬箱」

ジェネリックの医薬品の検索
医療機関の検索
ができます

②ちょっとむずかしいですが
「厚生労働省のホームページ」

「行政分野ごとの情報」の「医療」をひらく

「後発医薬品の使用促進について」

「平成20年度診療報酬における後発医薬品について」

内用薬、注射薬、外用薬、歯科用薬剤より選びファイルをひらく
検索をクリックすると調べたい薬品入力ができます

B:書籍

「ササッとわかるジェネリック医薬品」(講談社)
「ジェネリック医薬品がわかる本」(法研)
などがあります