休診変更のお知らせ

医療関係者の方へ

脳神経外科 募集

脳神経外科常勤医師・後期研修医、神経内科常勤医師 募集

当科は現在 広田部長(S63年卒)、保格科長(H4年卒)(回復期担当)青柳医師(H13年卒)、古館医師(H26年卒)の4名で業務に当たっています。

取得できる資格

1. 日本脳神経外科学会専門医
独立行政法人横浜医療センターを基幹病院とし、当院は関連病院として学会登録されており専門医試験受験資格を取得できます。手術は280例(H28年度実績)と250例前後です。

2. 日本脳神経血管内治療学会専門医
広田が指導医であり年間約60~90例の血管内治療を施行しており、専門医の取得が可能です。

3. 日本脳卒中学会専門医

当院の特徴

・様々な大学卒業者がおり自由な雰囲気のもと、日常診療を行っています。
・地域の診療所・医療機関とは「顔の見える診療連携」を合言葉に、信頼関係を築きながら良好な診療連携を行っております。
・年間救急車台数が約7,000台あり、多くの脳疾患患者を受け入れております。
・平成30年8月に脳卒中ケアユニット(SCU)を開設しており、脳卒中に特化した加療、リハビリテーションの実践によりよりクオリティの高いケアの実現を目指しています。
・随時緊急手術に対応しており、くも膜下出血、脳出血などの手術をはじめ、虚血性疾患に対するバイパス術、内頚動脈血栓内膜摘除術も行っています。また頭部外傷などの手術も経験できます。
・脳腫瘍や微小血管減圧術など、救急疾患以外の一般脳神経外科手術は適時行っています。
・日本脳神経血管内治療学会指導医が常駐しておりすべての脳血管内治療が可能で、CAS、AVM塞栓術、CCF塞栓術、脳動脈瘤塞栓術などを施行していますが、平成23年4月に最新のPhilips社 Biplain Flat Panelの導入にて高い精度による治療が可能となりました。血管撮影室に常設された全身麻酔装置による麻酔管理下に治療を行っています。
・高精度放射線治療センターが稼働しており、脳腫瘍に対する定位的放射線治療を行えます。

働きやすい病院です

・日中当直業務共に救急医が急患をトリアージし、脳外科医師は入院対応、手術に専念できる体制です。
・当直業務がありますが、当直後は勤務免除となります(業務の都合上、勤務せざるを得ない場合は、振替休日または超過勤務手当がつきます)
・診療科間の垣根が低く、他科の専門医にコンサルトしやすい環境です。

募集人数

1名

まずは下記メールにて「脳神経外科部長 広田」までご連絡ください。
条件の詳細を提示するとともに、御希望がありましたら施設の案内を適時致します。

連絡先

メール: nobuoh@jadecom.jp

採用情報一覧へ